トップ

学校の先生の教え方との相性

教え方と相性が合う、合わないは必ずあるかと思います。しかし、これだけはどうしようもありません。塾ならば、講師を変えてもらうこともできるかもしれませんが、学校だとそんなことはできません。ただ、私立の学校(高校)では、先生を選べるところもあります。そうでない場合は「運」しかないかもしれません。しかし、できることはあります。確かに受ける授業を変えてもらうことはできないかもしれませんが、例えば、職員室(研究室)に質問をしに行くときや、何かの添削指導をしてもらう時に、教科担任でなければならないという決まりが特にないのならば、そうすることも可能でしょう。ただ、自分に合わないと決めつけるのもよくありません。授業をちゃんと聞いてみると意外と分かりやすい先生だった、ということもよくあるものです。

恋愛

先生の教え方には個性がある

公立学校の先生は皆、基本的に真面目で誠実、そして安定した力量を持っています。しかしながら、教え方には個性があります。先生と生徒、その間には自ずと相性が生まれて来ます。暗記を重視する教え方もあれば、方程式や科学の仕組みから手取り足取り指導するタイプの人々もいます。また個人以上に学校の風土が、大きく関係している事例があります。生徒に対して優しい指導をする場所もあれば、昔ながらのスパルタ教育が正しいとなっている風土の教育現場も存在します。同じ学び舎でも通う場所によって、子供たちの個性が活かされるか、潰されるか、非常に大きく変わって来るでしょう。

↑PAGE TOP