トップ / 学校の授業に向かう生徒の気持ち

学校の先生との相性の悪さを改善

学校とは多勢の人間が集まり集団で生活し、教師たちから教えを受け学び取って行くものです。もちろん、育ってきた環境が違うもの同士が集まるのですから、教える立場の人間である先生とそれを受ける生徒と言えども、相性が悪かったり意見が合わなかったりし、反発の気持ちを抱いてしまう事があります。相性の悪い相手との付き合い方は改善方法はあるのでしょうか。まず、その先生の教える教科に興味を持つ事が近道です。最初は「良い点を取って驚かせよう!」位の挑戦的な気持ちで大丈夫です。自分の教える教科をがんばって勉強している生徒に対して嫌な印象を抱く事はないはずです。自身も教科を通して相手に尊敬の念を抱くことができるでしょう。学校という狭い社会で生活していく上で出来るだけ苦手意識等ネガティブな気持ちは排除したいものです。

恋愛

学校の先生との相性の改善方法

学校に通う生徒にとって、やはり勉強を教えてもらう先生との相性というものがあるでしょう。例えば、あの先生には叱られてばかりでどうもうまくいかないとか、授業がつまらなくわからない、どうも近寄りがたいなど、なかなか上手く関係をつくることが難しい場合もあるでしょう。だからといってその授業や科目を嫌いになったり、学校へ行くことが嫌いになってはいけません。このような改善方法としては、たとえ、いやであっても少しでもその担当の教科を好きになることができるような努力をしてみることです。例えば、その教科に対して熱心におこなうことで必ず伝えることができるはずです。

↑PAGE TOP